プラグイン

リンク先のPSEmu.jpn.orgを読んでいて、クラッシュバンディクー3の画面が凄く綺麗だなーと思いました。ちょっと試しに自分のPCで起動・・・あれ?全然違うぞ・・・ページを見たときはセルシェーディングされていたような・・・

もう一度ページを読み直したら、Pete's OpenGL2には、シェーディングエフェクトという機能があると知って驚く。解説通りに設定・・・ちょっと指定方法がわかりにくい・・・何度か試していくうちに設定完了。起動してみると・・・おお!セルシェーディングになってる!!

ゲームによってはかなり重くなるものもあるみたい。ところが、複雑なポリゴンのゲームのわりに軽いゲームもある。2Dのゲームでもスプライトの回りに黒枠が付くので面白い。でもセルシェーディングが合わないゲームもある。

でもクラッシュはセルシェーディングが似合う。これはセルシェーディングで遊びたい・・・

ただそうなると、GPUの設定をゲームごとに保存しないと、ゲームジュークボックス感覚でなくなってしまう。う~んプラグインの設定が、どこに保存されてるか分からないんだよなーePSXeのレジストリの中には無さそうだし、それらしいiniファイルも無いし、レジストリエディタで見てもそれらしい項目無いし・・・

って悩んでたら、同記事の中でプラグインが使うレジストリの場所が書かれていた!こんなところにあったのか!分かりづらい名前だ。

う~ん、どうしようかな・・・プラグインの設定も保存できるように改良しようかな。
GUI画面を作るほどの気力は無いので、もっと手軽にできる方法が無いかな。


今思いついたのは、ePSXeの設定を保存するEXEファイルを作る方法。
S-LaunchでCTRL+Eを押してePSXeを単独で起動、プラグインの設定やパッドの設定を行う。全て終えたらePSXeを終了。S-Launchに戻ったら、設定保存用の項目を選んでゲーム名を選んで起動する。

起動されたプログラムはePSXeのレジストリと選択されているGPUのレジストリを調べる。調べたレジストリデーターは、設定ファイルとして保存。ファイル名は、メモカファイルと同じようにゲーム名の拡張子を変更したものにする。

ただ、頻繁にデフォルトエミュレーターの設定を変更するので、誤操作防止の為に必ず設定保存前に確認ダイアログを出し、設定ファイルを生成したら終了確認のダイアログを出す必要がありそう。そして、ePSXe_AutoSetを修正。起動時に設定ファイルをチェックして、それがあればレジストリに書き込む。GPUスイッチは廃止すべきか?

なんか、できそうな気がしてきた。でもレジストリの数がかなりあるので、それぞれのデーターがどの設定に該当するのかチェックしないと危険そう。その作業が大変だなー。本業の仕事も忙しくなってきたし、すぐには手をつけられそうもないけど実現したくなってきた。

なんといってもパッドの設定が保存できるのが魅力。ゲームの中にはメモカのキーコンフィグを自動で読み込まないのとかあるから、それも快適に遊べるようになる。

少しづつレジストリを調べていこう。
[PR]

  by Golvazhed | 2006-07-29 05:47 | Emulator

<< アクションパズル プレステのゲーム >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE