コントローラー

ゲームをする時に一番大事なデバイスといえばコントローラーです。
三者三様のこだわりがあるキーボードと同じく、万人に認められるゲームコントローラーというものは無いようです。私も随分と試してきましたが、未だに納得できるものは見つかっていません。

評判のゲームコントローラーと聞きつけ実際に使ってみると、自分には全然魅力的で無いことが多いです。人気のコントローラーというのは、どうも格闘ゲーム好きな人に支持されていることが多いようです。ところが私は格闘ゲームが流行ったころはゲームから離れていて、今の仕事につながる勉強に励んでいました。格闘ゲームに乗り遅れた世代なのです。

それと、格闘ゲームは6ボタン系が多いのですが、このタイプはプレステのゲームと相性が悪いので、どうも好きになれません。確かにサターン復刻パッドなどは作りもシッカリしていて押し心地も優れています。手にシックリなじみますし良いコントローラーです。

しかし、ゲームジュークボックスを理想とする自分には、ゲームによってコントローラーを持ち替えるというのはダメなのです。ゲーム側の都合を押しつけられずに気楽に遊びたいのです。その為には全てを許容できるコントローラーが欲しいのです。

そんなコントローラーを夢見ていた時にあらわれたのが、プロフィール画像にも使っているサンワから発売されたJY-P62Uです。

d0077887_12392877.jpg


6ボタン系のコントローラーでありながら、デュアルショック風なアナログスティックを装備し、ボタン数が16もあります。特筆すべきは主要なボタン配置が菱形風に並んでいる点で、外側の4つのボタンをプレステの○△×□ボタン風にも扱えるということです。さらに、64のコントローラーとしてみると、外側の4つのボタンをCボタンの方向キーとして配置できます。当然メガドラやPCエンジンのコントローラーとしても問題ないボタン配置ですし、スーファミやファミコンもいけます。ボタン数が多いのでMAMEで使えば、余ったボタンにいろいろな機能を割り振れます。

このコントローラーが発表されたときは、もう興奮して発売が待ちきれませんでした。しかし、PCコントローラーの悲しい現実なのか、需要が少ないので発売日になっても入荷しないのです。発売日を待ちわびてる人がいないので店も急いで注文しないんでしょう。メーカーのセールスから頼まれて、やっと注文に応じている店員の姿が想像できます。大型の量販店でさえもなかなか入荷しないので、結局しびれを切らしてネット通販で購入しました。

使ってみた感想ですが、写真で見たときは高級感あって美しく見えましたが、実物は安っぽいんですよね。いかにもプラスチックという光沢です。触った感じもカチャカチャと音がして、気分良い感触ではありません。オモチャのような安っぽさにPCコントローラーの現実を見ました。

ただ、コントローラーの仕様に関しては素晴らしく、どのエミュレーターのボタン配置も受け入れるレイアウトは最高です。16ボタンもあるおかげで、たいてい使わないボタンが2~3個出てきます。それらのボタンにゲームを遊びやすくする機能を設定できないかと考えています。

この仕様のまま、高級な部品を使って耐久性を高めてくれれば最高です。あとアナログモードに切り替えるボタンが主要なボタンのすぐ上に配置されているので、ゲームに熱中してると間違って押してしまうことがあるので、もう少し押しにくい場所に移動するか、ボタンを埋め込みタイプにして、意識的に押し込まないと押せない作りにしてほしいと思います。

それが実現するならば、1万円ぐらい払っても買いたいです。

2006/10/4追記:このあいだ壊れました。USBに接続すると、バイブレーションが激しく動き出し、コントローラーが認識しません。雷が凄かった次の日のことだったので、そのせいで壊れたのかも。同時にビデオデッキも壊れたし、古いパソコンも電源入らなくなった。こんなこと初めて


2011年2月追記
今はXbox360ワイヤレスパッドのWindows版を接続してPCゲームを遊んでいます。ワイヤレスのゲームパッドって手軽でいいですね~

[PR]

  by Golvazhed | 2006-07-27 13:00 | GamePad

<< プレステのゲーム レトロPCゲーム >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE