CatShanty2凄い!

ここのブログも随分放置していました・・・

仕事の合間をみては SLaunchXPをいじって、ゲームが遊び易い環境を作っていました。そんな毎日に特に不満は無かったんですが、やはりいろんなゲームの情報を知るにつれて、新旧のシリーズを比較しながら遊んでみたい欲求が出てきて、でもSLaunchでは機種ごとの管理しかできないから限界があるし・・・

無い物ねだりは良くないな~現状で充分楽しいんだし・・・と思いつつも「ゲーム ランチャー」で検索をかけてネットをぼーっと漂っていたらCatShantyという日本製のエミュランチャーが目に止まりました。

d0077887_5552599.jpg


古いパソコンにも対応し、ゲームを一次元管理する方式と聞いて、これは!っと思いダウンロード。起動してみたら実に美しくセンスの感じられる素晴らしいランチャーで感動。いろいろと見てみると凄くSLaunchとコンセプトが似ているので、嬉しくなってニヤニヤしてしまいました。

手持ちのゲームをどんどん登録していくうちに、いろんなゲームの管理方法に対応できる作りに感心してしまいました。スナップ画像の保存方式もSLaunchと似ていて移行が簡単です。

それになんといってもデーターベース機能が素晴らしいです。全てのゲームを一次元管理できる素晴らしさ・・・いろんな機種に移植されたシリーズモノのゲームを一覧にして順番に遊んでみるなんてことが簡単にできてしまいます。(上の画像は大好きなロードランナーを一覧で表示したものです。)

SLaunchでは機種ごとの比較ができない分、コメント部分に他の移植機種の情報を書き込んでおいたり、シリーズ全ての共通項目を重複してメモしていましたが、これからはそういった必要が無いのが嬉しいです。

それだけではなくスナップ取り込み機能も充実しています。SlaunchXP のスナップキャプチャーツールほどの手軽さはなく、あらかじめ取込み範囲を調べて設定しておかないとウィンドウまで取込まれてしまうので敷居が高いですが、一旦設定してしまえば細かく取込み範囲をカスタマイズするこことができるので、高品質なスナップ画像をエミュレーターごとに希望の画像サイズで保存できます。

私の実体験では、SLaunchXPだとBlueMSXの時にUIスキンまでキャプチャーしてしまうので、フルスクリーンにしてからキャプチャーする必要があって面倒だったんですが、CatShantyだとウィンドウ状態から綺麗に取込むことができるので素晴らしいです。

さらに、スナップ画像のフォルダを開く機能や、画像の関連付けを実行する機能がメチャクチャ便利です。私はPNGにXnViewを関連づけたのですが、余計な部分が取り込まれた画像は、一発で画像編集モードに入ってトリミングや画面効果をかけることができます。スナップ管理が劇的に楽になりました。


そしてパソコンの複数ディスクへの対応なんて信じられない機能です。

d0077887_652327.jpg


今時、古いPCにきめこまかく対応できるランチャーなんてあると思いませんでした。SLaunchだってパソコンの項目が存在するだけでしたから、私はリンクファイルを作成してその情報を元にAutoHotKeyを使って複数のイメージを渡して起動させていました。

それが普通に起動できるなんて・・・なんか夢みたいです。ディスクの順番の変更も簡単にできるし、至れり尽くせりな内容です。こんな凄いランチャーが2年前から作られていたとは・・・まったく気付きませんでした・・・

そういえば、前回の記事を更新した後ぐらいに、Xbox360を購入して最新のゲームも遊ぶようになったんでした。そのせいで以前よりもエミュレーター関連の情報を追っかけなくなったんだっけ・・・

最近はSteamで海外のゲームを購入したりして、それもSLaunchに登録してたんですが、これから全てCatShantyへ移行していこうかなと思ってます。移行に何ヶ月かかるだろうか・・・
[PR]

  by Golvazhed | 2011-02-08 06:27 | CatShanty

<< 至高のゲームランチャー Cat... アクションパズル >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE